Q&A

  • HOME
  • よくある質問
本当に無料ですか?
材料代は有料です。社内加工費用は無料にて承ります。外部委託する加工は別途ご負担いただきます。
試作は何回もやってくれるの?
試作1号からの改良を重ねて、試作2号、3号と試作を重ねる場合は10回まで行います。10回の試作でもまだ合格しない場合、一度、基本設計やコンセプトを弊社も交えて、見直すことを提案いたします。
出来なかった場合はどうしてくれるの?
基本的にとことん付き合う覚悟でいますが、加工要求レベルが弊社の技術では対応できないものもあると思います。工作精度の高い物、精密度やクリーン要求が高い難易度の高いものなどです。
ただ、NO!と言わないを重要な事業方針としていますので、可能な限り、協業会社と試行錯誤の上、対応させていただきます。
どんな物が試作できますか?
一つから、試作してくれますか?
試作可能です。同時に仕様違い(材料、板厚、ネジ径違いなど)の複数試作も承ります。
同時試作は3個までを基本とします。
試作をお願いするにあたっての条件はありますか?
弊社で対応できる範囲(材料、加工物の大きさ)の物に限ります。試作発注依頼書の御提示と規約同意書が必要となります。また合法なものに限らせていただきます。
試作できる材質は?
鉄、ステンレス、アルミが基本です。チタン、マグネシウム等基本以外の素材については、切断は可能でも曲げや溶接ができない場合があります。
ご相談下さい。アクリル、木材、炭素繊維についても同様にご相談下さい。
材料は提供できますか?
弊社に常時在庫(在庫表にあるもの)しているものですと提供できます。在庫のないものはご手配いたします。
ただし、在庫分、手配分のいずれも材料価格代をご負担いただきます。在庫表はこちら
材料の引き取りはできますか?
弊社指定のエリアであれば、引き取り可能です。ただし、引き取り料金が発生します。
材料の積み込みは御社にてお願いします。
材料支給でも加工してくれますか?
上記の試作できる材質、大きさ、板厚の範囲であれば加工いたします。ただし、材料持込料金を戴く場合があります。
試作できるものの大きさは?
基本的にどのような大きさのものでも承りますが、2M×4Mがレーザーで切断できるMAXになります。
曲げ加工は厚み(0.5~16mm)により異なりますが、幅3M×曲げ立ち上がり寸法0.77Mまで可能です。
2M×4M×2Mの範囲なら可能ですが、1㎡以上は別途大型試作費用を申し受けます。
総重量30kgまで。
加工できる板厚は?
鉄、ステンレス、アルミ共に切断は0.1mm~25mmまで可能です。曲げは0.5mm~16mmまで。溶接は1mm~16mmまで。
試作品を構成するパーツ点数に制限はありますか?
物によります。無料試作のパーツ点数の上限は10点以内を想定しています。それ以上は別途ご相談下さい。
図面がありませんができますか?
喜んで承ります。口頭でもマンガ、ポンチ絵から、図面を起こし、試作を行います。
その際、訪問してご要望をお聞きする場合は別途営業経費(大阪府下一律15,000円、その他の地域は別途算出)と図面代をご負担いただきます。
口頭で伝えたいのですが、来てくれますか?
喜んで承ります。口頭でもマンガ、ポンチ絵から、図面を起こし、試作を行います。
その際、訪問してご要望をお聞きする場合は別途営業経費(大阪府下一律15,000円、その他の地域は別途算出)と図面代をご負担いただきます。
納期はどのくらいですか?
内容によりますので、別途相談させていただきますが、最短、午前中に図面提供をいただき、弊社常時在庫分からの試作であれば、当日夕方に試作品を発送させて戴きます。
配送してくれますか?
別途配送料金を戴ければ承ります。物によって納期やコストは異なります。別途相談させていただきます。
支払いは?
材料代、外部加工委託費用はお見積の上、事前振込またはクレジットカード決済の上で試作スタートいたします。
本生産時には、本生産スタート前に半金を決済いただきます。残額は納品までにお願いします。納品時にクレジットカード決済も可能です。
手形、御社の支払日による支払いは、基本的に行っておりませんが、信用調査、取引実績により相談をお受けします。
本生産に繋がらない試作でもできますか?
基本的に本生産前提の試作となりますが、試作が出来上がってから本生産を検討するなどの理由で本生産が見えていない場合はご相談下さい。
試作費用が本生産時の製品価格にのっているのでは?
製品価格に上乗せはいたしません。試作を入口に本生産を請け負うことがこのビジネスモデルです。
新規受注のための営業活動費用(新規開拓訪問、展示会出展など)を考えると試作を無料にしても十分にペイできます。
本生産のお見積はいつもらえますか?
1回目の試作材料費等のお見積時に本生産時のお見積を提示します。
本生産時のお見積は他社からのお見積書を提示して戴ければ、対応可能かどうかを検討させていただきます。
価格差があり過ぎて対応不可能な場合、試作材料費にプラス試作工賃原価を御請求させていただきます。
本生産は何個からできますか?
1個からできます。その場合、試作を重ねて、ご要望の品になった時を本生産完了と考えます。
この場合のお見積のタイミングはものや工程によって変わりますので、ご相談下さい。
本生産は関連会社で行いたいのですが、試作だけできますか?
喜んで承ります。ただし、弊社から本生産時のお見積の提出はさせて下さい。それで却下となっても構いません。
また、この場合、試作費用は別途お見積の上でご負担をお願いします。
試作している所を見学したいのですが?
喜んで承ります。